フリーランス主夫の今までとこれからを考えてみる

Freelance header
フリーランス主夫になって半年ちょっと経ちましたOlein編集長(@Olein_jp)です。

今回は自分の仕事の流れや今後のことを考えるためにも振り返っておくかなぁ〜と思いまして、ちょっとフリーランス主夫について書いてみようと思います。

朝はちゃんと起きよう

基本的に平日はきちんと朝は起きるようにしています。幸いにも、嫁様は外に仕事に出ているので、その出勤の影響もあってかちゃんと起きれています。(※今は嫁様を仕事場に送迎しているので必ず起きる)

正直な所、夜遅くまで立て込むような仕事量に至ったことがまだないのでこのような生活が送れているというだけの話かもしれません。幸運にも仕事が立て込んできたらリズムは崩れる可能性があります。けれど、やはり朝はちゃんと起きる。もしくは、早起きリズムを維持することは体調管理にも通じて大切だと考えております。

仕事の取り方、受け方

アカン話なんですが、実際の所ほとんど営業活動をしておりません。お知り合いや紹介伝いでお仕事に巡りあわせていただいております。しかし、これからはそれだけじゃダメだなとも思っています。やはり、絶対量が少なくなってしまうからです。

Twitter関係からプライベート絡みまで広くフリーランスとして働いていますということはお伝えしているので、何かのきっかけでご相談を受けることも多くなりましたが、絶対数を増やすためには人脈を開拓したり、たくさんの人に会ったりしないと増えていきませんよね。そういう活動をほとんど行なっていない現状から察しても今後の課題としてたくさんの人に会って話をするということはとても大切なことだと思っています。

クラウドソーシングという手も…

最近は本当に便利になってしまいましたよね(良くも悪くも)。クラウドソーシングというサービスを利用して仕事を得ることも可能になってきました。ただ、そこに関して思うこともあります。

まず、デザイン関連はコンペが多いということ。例えば、「ロゴ制作:¥20,000」とかでコンペです。実際のところ、サービス側などにマージンが渡ってどれくらい手元に来るのでしょうか。しかも、採用されなければ1円にもなりません。(当然、参加しなかったら1円にもなりませんけどね)

Web関連のお仕事もできるように学習していますが、提示できる実務経験が皆無なため、なかなか提案にまで至れないところがあります。提案出来ない分、価格を落とした提案をしていけば何とかなるもんなんでしょうかね?

しかし、今後のことも考えるとクラウドソーシングで仕事を得る流れも作ってみたいと強く思うところもあります。短期間ではありますが、関東の方に引っ越す可能性が浮上しているため余計に場所に縛られない仕事の得方を模索する考えがあるからです。

主夫業は正常稼働中

先ほど書いたように、嫁様は外に仕事に出ているので、家のことは基本的に僕がやる流れになっています。嫁様の送迎(妊婦さんの為)、洗濯物干しと取り入れ、晩御飯の支度などなどです。嫁様もたくさん手助けしてくれるので何とかこなせている状態ではありますが、今後もこれくらいは続けられるようにキープしたいと思います。ほら、仕事が忙しくなったからとか言って放棄したくないじゃない?

こういうことを話したりすると、「すごいね」とかどうのこうの言われるんですが、正直なところやらなくてもいいならやりたくないし、誰かやってくれるならやらないし、ってところはあります。けど、誰かやってくれるわけでもないし、ガツガツ稼げていない旦那はこれくらいはやっておかないと嫁様に見放されてします可能性が大ですからね。こ、これからも頑張ります。

今後はどうする?

今後、半年くらいでちょっと意識していきたいことを考えてみました。やはり、色々とやってみなきゃいけないよ!という事に尽きるのですが。。

たくさんの人に会って、たくさんお話をしよう

これは人脈を増やしたいという理由もあります。やはり、会った人の数(絶対数)がまず少ないということは強く感じています。個人的にはネットだけの(希薄とも言える)人間関係構築の完結はないと思っているからかもしれません。どうしても、会って話をするという部分は大切だと思うのです。

そして、もう1つの理由としては、知識の共有をたくさんする必要があるということです。実際のところ、Twitterを始めSNSを活用すれば、質問したら返事してくださる方も多くみえますし、Facebookでも然りです。しかし、本当に深いところまでお話をすることが出来なかったり、または聞きそびれてしまうことも多々あります。

そういう理由から、やはり人と会って話をするということはとても大切にしないといけないなと思っています。別に仕事の話じゃなくてもいいじゃないですか。他愛もない馬鹿話から、いろんな知識を得ることもできるはずです。

セミナーなどに参加してみよう

お金がないとか言ってセミナーやイベント、勉強会に参加できないのも悲しいものです。実際に潤沢に資金があるわけではありませんが、ですが自己投資を惜しんでは成長が止まってしまう可能性があります。そういう部分は嫁様も理解してくれているので助かっています。今後は、WordCampも含めいろんな勉強会にも参加してみたいと思っています。

クラウドソーシングにも挑戦してみる?

ここは「?」な部分もありますが、挑戦というか試してみたいという好奇心はあります。場所を選ばずに仕事ができるということは、僕にとってはとても魅力的なことです。それを実践するための一つの方法として、クラウドソーシングを使うということにも挑戦してみようかと思っています。

まとめ

とりあえず、あと数ヶ月で第一子が生まれてきます。それまでに少しでも仕事を軌道に乗せ、育児のフォローも率先して行い、仕事もガツガツとこなせるような状況(仕事があまり絶えずにある状況)を構築したいと思います。