みんな知ってるFacebookで行える3つのマーケティング施策

Facebookにはマーケティングに活用できる様々な機能が用意されています。その様々な機能を細分化して説明していくととてつもなく膨大な数になっていってしまうので現実的ではありません。(Facebookアプリの数だけ機能があると考えられるからです)

今回は大きく3つに分けて、Facebookをマーケティングに活用するための施策を紹介してみようと思います。

Facebookページ

Olein-Facebookページ
Facebookページは、Facebook内に個人ページとは別に作成できるページみたいなものです。それらのページを個別に作ることによりビジネスを始め趣味や活動などをアピールすることができます。

Facebookをビジネスに利用しようとした場合の中心に、このFacebookページというものが存在してくると考えてもらっても差し支えないかと思います。

こちらで行える基本的なマーケティング活動と言うと、タイムラインへの投稿があげられます。記事をFacebookページのタイムラインに投稿すると、そのページのファンになっているユーザーのニュースフィードにその記事を自動的に表示することができます。

そして、Facebookページのファンになってくれたユーザーのタイムラインに表示できるのは投稿した記事だけではありません。イベントの告知やアンケートなどもファンのニュースフィードに表示することができます。

このような仕組みを理解して企業におけるFacebookを活用したマーケティングを行っていくことになります。

Facebookアプリ

Olein-FacebookApli
FacebookアプリとはFacebookの機能を拡張することができる小さなプログラムみたいなものです。初期状態からいくつかのアプリは使えるようになっていますし、企業自体が自社で開発したアプリをリリースすることによって可能性を広げることができます。

代表的なものだけでも、写真を投稿するアプリや、写真コンテストを行うアプリ、ゲームアプリ、キャンペーンアプリなどが多数存在します。

また、Facebookアプリには個人向けのアプリFacebookページ向けのアプリとがありますが、Facebookページ向けアプリを活用していくことによって、新しくファンを獲得したりファンと交流したりすることができます。

Facebook広告

Olein-FacebookAd
Facebook広告とはユーザーページの右サイドバーやタイムラインに表示される広告のことを言います。これらの広告はただただ表示されているだけではなく、Facebookユーザーのプロフィール情報をもとにターゲットをしっかりと絞ったユーザーにだけ表示させるということができます。

例えば新聞折り込み広告をイメージしてください。折り込む各種新聞社は出稿側から選ぶことはできます。エリアもある程度自由に選ぶこともできます。配布する部数もこちらの都合で指定できます。しかし、折り込んだ広告をどんな人が目にしてくれるのかを指定することはできません。

Facebook広告では、性別、年代、出身校、居住地区など様々な条件を、膨大なFacebookユーザーの中から、より目的達成できる可能性の高いターゲット層へ直接広告を打つことができます。

まとめ

まずFacebookで可能なマーケティング施策の代表的な3本柱をご紹介しました。ちょっとインターネットに関する知識がある方なら、このような知識は持ちあわせてみえるかもしれませんし、このようなことはご存知かもしれません。

今後は、これら3本の柱の中身を順次ご紹介していきたいと考えております(自分の勉強したことをまとめていこうと思います)。次回以降もお楽しみに!