残業と経費とジレンマ

今日は下書きもせず、そのまま書いちゃいます、Olein編集長(@Olein_jp)です、こんばんわ。

よくよく考えると、下書きをして毎回書いていても誤字脱字はお構いなし(構いたいんだけど構えてない)なボクですが、下書きしててそんなんならば、直で思いのままに書いてみるのもいいかなと思いまして、iMac君に向かっています。

残業すると残業代がもらえる会社

そんな会社で働いています、編集長です。ですので、残業することに対して、給与面から言うと少しばかりは潤うので不平不満はありません。塵も積もれば山となりますので、山になるのを待とうと思います。

しかし、逆に自分の時間を奪われるという考えもボクの中にはあるようで、家での自分の時間を大切にしたい。そんな時間を奪われたくない。という気持ちも生まれてきます。

そして、昨日今日と1時間半ほど残業してきたのですが、引っかかる部分がひとつあります。それは、残業=必要だから就業時間を延長して給料をもらって仕事している。ということなので、ボクとしてはやることやったら早く帰りたいのです。無意味に会社に残って社長と二人だけの居心地の悪い部屋で仕事をし続ける意味がボクにはわかりませんし、ありません。

うちの社長も、常日頃から社員に対して「会社での時間を大事に」や「無駄な経費を抑えて」などとチクチク言っています。社員同士がちょっとした世間話で盛り上がるのも、社長の気分次第では小言を言われ冷たく扱われます。

それに対して、この二日間のボクの残業。害虫の外注のデザイナー(おばはん)と社長と3人で打ち合わせだったのですが、ぶっちゃけボクから言わせていただくと、議題を明確に議場に持ちあげて話を進めれば30分でおつりが来るくらいの内容です。ですが、ボクにとっては必要のないとろくさい世間話で一時間は食われています。当然、その時間もボクには残業費は支払われているわけです。

社長にとっては、外注さんとの会話は営業業務も含まれているのでしょう。が、ボクはそこには参加もしたくなければ、する必要もない(そもそもボクの知らない人の話をウダウダとしているわけですので)。だったら、せめてボクに作業に入らせて自分たちだけで話をするとか、方法はあると思います。

ボクにとっては残業費が払われてお得な環境といえばそうなのですが、贅沢な話ですが、ボクは必要のない残業はしたくありません。時は金なり、です。自分の時間を有意義に過ごすことが出来れば、それは残業費よりもボクにとって有意義なものになるでしょう。

会社経営をしているのはボクではありません。ですので、どう社員を使おうが経費を使おうが社長の判断で良いのです。しかし、ボクにとっては、会社の経費を必要以上に削減させておいて(現に工場の機械に修理が発生する場合でも修理させず、それが原因で上手くいかない仕事が発生し、写真を怒ります)、必要以上の無駄な残業を強いるのは、なんかおかしいんじゃないかと感じるわけです。本末転倒というかなんか。

ここ最近、ボクが感じている「?」な部分です。でも、こういう無駄に思える営業トークも必要なんだろうなということはボクにもわからなくありませんけど。社長だけでやってくれてればいいと思うんだけどね。

こんな青臭いことを考えているボクはあまちゃんでしょうか?

※こんな愚痴記事書いてすいませんです。