[O]やっぱりカラダは資本なんだよ

Titleがっつりと病は気からを体感しいているOlein編集長(@Olein_jp)です、おはようございます。

今日は自分の実体験から再度感じた、「体は資本」なんだというお話です。

人間なんだからカラダが元気じゃないと何もできない

健常者であれ障がい者であれ、体が元気でないと本当に何もできません。できたとしても最高の結果はなかなか得られないでしょう。(むしろそこで最高の結果を出せる方はすばらしい人間なのかもしれませんが)

ボクは病気ではありませんが、とある理由で先日、意識を一時的に失って倒れてしまいました。沢山の人にご心配や励ましのお言葉もいただき、足をどこにむけて寝ていいのかわからないような状況です。

週初め二日間、仕事を休み自宅療養していました。そして、普段よりも多く時間があったのでいろいろと考えてもいました。

仕事のこと、家族のこと、人生のこと、友達のこと、などなど。

どんなことを考えても共通することがあります。それは、やるのは自分だということ。

ということは、否応なしに自分の体を使います。いくらデスクワークだからといっても、手や目を使いますよね。どんな生産作業にも体が必要なんです。

その体が思うように効率良く動いてくれない。その原因は多々あるでしょうが、常にベストな結果を作り出せるような体を用意しておく必要があります。

気持ちも同じくらい大事

バランスの取れた精神状態を常にキープすることもとても大切だと思いました。

というのも、体は元気でもメンタル的に弱っていると効率良く作業できないからです。「気分が乗ってこない」や「悩み事がある」などの状況を長く引きずると、それは結果として負のサイクルを生み出す結果になります。

というのは、「気分が乗らない、集中できない」→「作業を効率良く進められない」→「いつも以上に作業に時間がかかる」→「余計に気分が乗らない、集中できない」→・・・というスパイラルに陥ります。

この様な状況を長引かせると、人によっては本当に落ち込んでいってしまうことでしょう。

そうならないためにも、気持ちのコンディションを整えておくことが大切だと感じました。

ボクなりの打開策は

「いま出来ることをやる」しかありませんでした。

気分を紛らわす効果もあるかもしれません。問題から遠ざかって忘れなさい、ということではありません。それだけ自分に影響を与えることなんだから、それはいずれ解決しなければいけないことのはず。

ですが、気持ちがネガティブの方向に傾いている時に考え過ぎると、ボクは先ほどのスパイラルに陥る可能性が高くなります。

だから、あえてその瞬間だけでもその問題のことを考えず、いま出来ることに集中することが唯一出来ることなのかなと思います。

まとめ
取留めのない文章で大変申し訳ありません。

ボクも最近悩んではいますが、他にも悩みを抱えてみえる方もいるかもしれません。むしろ、この現代社会を生きていこうとすれば、悩みが発生しないわけありません。

ボクもまだまだ糸口を発見できずにいますがもがいています。ボクよりももがき苦しんでいる方々に少しでも参考になればと思い、思ったことを残しておこうと思います。