[O]無理にブログを書く必要はないと分かった

Title
いつもいつも堂々巡りしながら同じような思考を繰り返しています、Olein編集長(@Olein_jp)です。

昨日、ウィークリー記事を書いた内容にいろんなコメントをいただきました。自分と同じような、悩みまではいかないにしても、気持ちを感じている方もみえたようで、ブログやっててよかったな。ツイッターーやっててよかったな。なんて気持ちになったので、忘れないうちにまとめておこうと思います。

おいおい、なに勝手にプレッシャーかけてんの?

発端は昨日のウィークリー記事へのコメントでした。

[O]THE OLEIN Weekly 28th | オフ会明け症候群とかボーナスとかタスク管理とか | Olein
最近、週次レビューが月曜日に持ち越されてしまっています。Olein編集長(@Olein_jp)です、こんばんわ。 最近、怠けています。記事もそんなに書けていませんし、自分のプロジェクトもあまり進んで …

こちらの記事の中で、この様なことを書いていました。

要するに、「自分はブログが一番好きなのか?」ということです。記事が書けている時は楽しいです。それに対するコメントや意見などをもらえた時もそれはうれしいもの。しかし、書けない時というのは、やはり外界との関わりがブログを通してはなくなるわけです。

そういう時に馬力が出ない修正が僕にはあるようです。他人よがりというか、僕にとってはブログとは一番の存在ではなく、一つのコミュニケーションツールなのかなぁと、漠然と思うことが最近多くなって来ました。

最近、記事を書かなきゃ!と必要以上に考えることがありました。考えたら考えただけの内容の記事が書ければいいんですが、そんなこと起こることもなく、いつもの様にパッとしない感じ。

でも、あまりにも更新してないと余計に書きづらくもなるし、やっぱ書かないと……。と、なにかおかしくな?と思うことが多くなってきたのです。

そのようなことを記事の中に埋め込んだら、いろんなコメントを寄せていただきました。

[tweet https://twitter.com/hawk_a/status/224838337377218560 lang=’ja’]

ホークくんがたまに良いこと言います。ふわっと軽くなる感じのいいことを。

[tweet https://twitter.com/hawk_a/status/224841756603187200 lang=’ja’]

ココらへんから派生したはま先生とのタスク管理講義は、はま先生が記事にしてくれました。もう、まさにタスク管理に困っている俺得な記事!

【質問と回答例】初めてのGTDで「収集」は必ず行うべき?プロジェクトの分解はどこまで? | はまラボ
↑こちらの記事を見たところ、オレイン編集長(@Olein_jp)が何やらお悩みのようだったので …
[tweet https://twitter.com/hawk_a/status/224843592827551745 lang=’ja’]

もったさんも同じような気持ちを持ってたみたい。

[tweet https://twitter.com/fujimotta/status/224846119253975040 lang=’ja’]

そしてタムカイ兄貴も。

[tweet https://twitter.com/tamkai/status/224847856060735488 lang=’ja’]

いろんな方々に共感まではいかないのかもしれないけど、ご意見をいただき励まされたような気がしました。

僕がブログが一番じゃない

こんなことを言ったら、もうDPUBに「B枠(ブロガー枠)」で入れてもらえないんじゃないかと心配になってしまいますが、本心です。

書くことは嫌いじゃありません。情報を発信することにはとても興味があるし、好きな方だと思います。でも、たまにブログを書くことが億劫になってくる時があります。

自分自身、どうしても諸先輩ブロガーさんとお話させていただくときに、PVやらアフィなど注目度や収益を気にして指標してしまってたなと思います。

とんでもなく大きな先輩方を見て、生意気にも自分を比べていたのでしょう。「なに調子こいてんの?とりあえず正座して。」とか言われてもしょうがありません。正座します。

でも、大事なのってそこじゃないんだぞ。ってことがちょっと分かったような気がします。

自分のためにやってんだもんね

ブログをやる目的とか目標って人それぞれ様々だと思うんです、当然。ただただ自分の書きたいことが書ければいい、誰も見てくれなくても構わない。そんな方もみえるでしょうし、収益上げて副収入の糧に!なんて方も見えるでしょう。

ブログを書くことによって、生活に視点が増えて楽しくなる。それが、ブログの良い所だと思っています。ですが、僕はブログのことで悩んでいました。おかしな話ですよね?

それぞれあって良いんです。

では、僕自身はどうなんだろうか。考え思い起こしてみました。

僕はブログが一番じゃない

それが結論でした。それよりも僕は、ブログから生まれるコミニュケーションが好きなんだとわかりました。

記事を書く。それに誰かがコメントをTwitterなどで寄せてくれる。言葉を交わす。ここが一番、自分が好きな部分なんだとわかりました。

そして、そのためにブログを書いているんだなとも同時にわかりました。なんか少しラクな気分になりましたよ、ほんと。ブログを書いていればブロガーなのかもしれません。そういう意味ではブロガーです、僕。しかし、コミニュケーションが一番だなと。

いつもTwitterなどを介して、意見やコメントを寄せていただける皆さんには本当に感謝しなくてはなりません。

まとめ

少し楽になった分、相変わらず背骨のない記事が今後多くなってくる気配満載ですが、皆様懲りずに相手してやっていただけると幸いです。

そして、これからもブログを通してたくさん生まれるであろうコミニュケーションを楽しんでいこうと思います。