[O]止めたっていいじゃないか。って話

かれこれ長い間、ブログから離れていました。1番最新の記事の日付を見てみると、1ヶ月くらい遠ざかっていたみたいです。理由はわからないけど、書くことをピタリと止めていました。

その間にも、Twitterを始めソーシャルネットワーキングの方では、多少の意味の薄い呟きと、ご飯の写真やランニングの記録などは続けていました。

すると不思議なことに、ブログを書いていないことに対する変な罪悪感みたいなものもちらほら垣間みられ、そんな重いものも少し背負いながらジワジワと書きづらくなっていきました。そんな時に、ふと思いました。

「なんでそもそも書きづらくなってんだよ」と。

ブログ自体、誰かにやれと言われてやっているわけでもなく、自発的に始めたこと。メディアを作ろうとか、アルファブロガー目指して頑張ろうとか、そういう目標があるわけでもなく、アイデアというか思いつきで始めたこと。

自分のやりたいことをやって、ちょっと手を止めてゆっくりして、それで気分が重くなって、ちょっと苦しくなって。おい、何やってんだ、自分。って感じ。

自分が思いついたブログというものを、少し休んでただけで、誰にもそんな迷惑かけているわけでもないのに、なんでそんなに重い気分にならなきゃいけないんだと。

今一度、原点を探してみます

自分がブログをやっているゴールがどこかわからなくなった気がします。

ブログから派生したコミニュケーションからたくさんの方々と関わることができて、今まで作り得なかった輪を得ることもできました。とても皆さんには感謝しています。

ブログは楽しい。みなさんとTwitterやFacebookでコメントし合うことも楽しい。

僕自身は何を求めてこれから活動していくのか、生きていくのか。

ちょっとずつですが、考えながら少しづつ書き始めようと思います。