[O]自社メディア化について考えてみる

Media title

先ほど、株式会社LIGさんの記事を偶然拝見することができました。その記事は「自社サイトをメディア化し、1年で100万PVにして分かった失敗と成功のまとめ。」というタイトルで、自社サイトをメディア化するにあたってのメリットやデメリットなどについて詳しく書いてあります。

一読されるとよく分かるのですが、やはりサイトや社名の知名度が上がるにつれて執筆や編集もコストがかかってくる部分もあると思うのですが、そこを営業費という解釈で進められるという点に僕が惹かれましたね。

そんなこんなで、こちらの記事をもとに考えるオレインデザインのメディア化についても考えてみることにします。

まず、会社じゃないからね

最初っからあれですが、オレインデザインって会社じゃないですからね。ええ、ただの個人事業用の屋号ですからね。

でも、メディア化するメリットはあるかもしれませんよ?

記事を書く時間は取られるでしょう。当然、営業時間に書くことも多いと思います。そして、それにはコストがかかってきます。就業時間内の作業だから当然ですね。

しかし、それによってサイトに訪問者やPVが増加するという流れが生まれれば、それはオレインデザインを知ってもらうという営業効果を得ることができるでしょう。

それが一番のターゲット目標になるのでしょうね。

それはどうやって図れるのか

まぁ、いろんな指標があるとは思います。Facebookページのいいね数でも評価することができますし、お問い合わせ数なども目標にできると思います。また、Twitterアカウントのフォロワー数を集めるというのも理由によっては目標にできるかもしれませんね。

個人的な感覚ですが、自社名やサイト名、事業名の認知度を上げるための一番効率の良い指標は、今のところはFacebookページのいいね数なんではないかなと感じます。

Facebook内での情報拡散力も素晴らしいですしね。そこらへんも目標に何かしら企んでみるのも面白いかもしれません。

コンテンツをどうするのか

僕もたまには技術的な仕事もするわけですが、そういう知識やノウハウをブログ形式でアウトプットしていくというコンテンツがどうしてもメインになるでしょうね。事業サイトで遊んでる記事ばかりでも変なふうに思われそうですしね。

しかし、そういう型を破っていく必要があるのかも知れません。「こいつ仕事してねぇんじゃねーの?」くらいのコンテンツの方が読んでいる皆さんもおもしろいかもしれませんね。

やはり、読んでいて面白いコンテンツ、またはタメになるコンテンツというのは、読者を引き寄せるものだと思います。そういうコンテンツを生成するべきなのでしょう。

オレインデザイン事業サイトでもそれは可能か

事業サイトを作ったはいいのですが、正直重宝しているわけでもなく、このOleinというブログとの差別化もはっきりしないまま、放置されているような状態です。

であれば、このOleinを事業ブログと位置づけないで勝手気ままに運営し、オレインデザインの方は一味持たせたサイトにするか、などと思うところもあります。

(いっそうのこと、こちらに事業サイトを乗っけてしまおうか考えているくらい)

それは置いておいたとしても、事業のメディア化にはとても興味があります。いつか機会があれば是非取り組んでみたいですね。