新しくMacbookPro Retina15''を購入したので絶対に入れたいアプリリストを作ってみる

この度、念願の(?)MacBookPro Retina 15インチを購入することになりました(ポチリ済み)。購入理由は色々とあるのですが、これからのワークスタイルをレベルアップしてくれる存在になってくれることは間違いないでしょう。

OSもMaverickに無料でアップデートできるとのことで、Apple自身も新OXユーザーをなるべく増やすと共に、それに乗じた新規デバイス購入を顧客に推進する流れになるのでしょうね。

さて、今回はこのMacBookPro購入を機に、絶対いれたいアプリをリストアップしてシェアしてみます。MBPRは仕事機ですので、作業に必要なアプリがメインとなってくるでしょうがご了承ください。

デザイン系

まずはデザイン業務に必要なアプリを上げていこうと思います。

WebでもDTPでもそうですが、デザインツールと言えばAdobe製品を差し置いて語ることは出来ないと思います。

その中でも僕が良く使うアプリはこれら3つに絞られます。(他にも使うものはありますが)

Adobe Illustrator

Adobe-Illustrator
通称イラレでお馴染みのAdobe Illustratorです。

こちらでは印刷物のデザイン(DTP)を始め、Webに関するデザインデータなども作ったりします。Webの皆さんがPhotoshopでやられているカンプ制作とかもIllustratorで行うことも多々あります。

[O][Webデザイン]IllustratorをWebデザインに使う時に気をつけたい設定

Adobe Photoshop

Adobe-Photoshop
通称フォトショでお馴染みのAdobe Photoshopですが、Webの皆さんのような使い方はできません。

Photoshopを使ってWebデザインされる方々にはほんと尊敬の眼差ししかありません。では、僕は何をするのかというと、メインは画像補正です。印刷物用に色味を補正したり、ないところにあるようにものを作ったり、カワイイ女の子をかわいくしたり、ブサイクな女の子を多少かわいくしたりと…

Adobe Fireworks

Adobe-Fireworks
通称ファイヤワでお馴染みの(嘘やろ?)Adobe Fireworksですが、残念ながら開発は終了してしまいました。

僕はマスターレベルにFwを使えるわけではありませんが、ステート機能を始め1つのファイルで1サイトのデザインを管理できるというメリットは捨てがたいですし、何にしろ操作性がイラレに似てるという点が取っ付きやすかった印象が強く、未だに触ることが多々あります。

Web系

僕も例に漏れず僕も多少なりにもコーディングを行ったりします。AiやPs、Fwで作られたデザインを元に、HTMLとCSSでコーディングしてjQueryを組み込んだりします。そして、Wordpress化しながらPHPを弄ったりします。その際に使うアプリをこちらでは紹介したいと思います。

Coda2

coda2
コーディングを行う際にメインで活躍してくれるのがCoda2です。Panic社から発売されています。僕はCOda2が発売開始された当初行われたセールで安く購入することができました。

そして、AppStoreで購入しました。iCloud同期はいつか役に立つと思っていたので!(今回やっと役に立つ!)アップグレードの通知などもAppStore経由でお知らせしてくれるので便利です。もちろんアップグレード自体もスムーズに行えるのでiCloud同期機能がついているAppStore版をオススメします。

Coda2 – AppStore

CotEditor

640x640_0
シンプルにコードを打つ時もあります。文章を書くこともあります。そういったテキストエディタとして使っています、このCotEditorであります。

このエディタで開けなかったテキストファイルはありませんし、無料ながらストレスを全く感じさせない素晴らしいアプリだと思います。

MAMP

MAMP-image
Web制作をされている方ならご存知の方も多いと思いますが、ローカル開発環境を手っ取り早く構築するにはこれが一番なのではないかな、と思っています。

他にもそういった場合には方法があるとは思うのですが、僕は今のところMAMP一筋ですね。(Pro版ではありませんがw)でも、そのうち黒い画面デビューもしてみたいとは考えているので、たまに浮気するかもしれません。

一般系

ずらっと仕事で使うアプリを上げてみたのですが、少ないですね。。。なんで?って感じが否めません(個人的に)が、ついでにと言ってはなんですが、一般的に使っているアプリも一緒に紹介しちゃおうと思います。

Evernote

Evernote
皆さんご存知のEvernote(エバーノート)です。どんなものかは説明する必要はないくらいでしょうか。それくらい広まっていると思います。先日宅飲みした建築関係のおじさまや生活協同組合のおじさまも知ってました(Skitchを良く使うらしい)。

僕としてはウェブブラウザChromeに機能拡張を入れて、Webで見つけた有用な情報をストックしたりしています。また、先日TLにてスニペット管理もEvernoteでしているという方もみえまして、チャレンジしてみようと思っています。

後は個人的なことですが、日次タスクやレビュー、メルマガの自動転送、読書管理、妊娠&出産の資料、育児に関する資料と写真ストックなどをIFTTTなどのWebサービスと組み合わせてシステム化しています。こちらに関しては別途記事を書いてもおもしろいかもしれませんね。

MarsEdit

MarsEdit3Icon
こちらは多くのブロガーの皆さんが愛用しているであろうエディターです。けっこう有名じゃないでしょうか?

下書きなどを書きためたりするときによく使いますね。ただ、アイキャッチ登録ができないというデメリットがあるので、最終的にはWordpressの管理画面に戻る必要があります。(MersEditでアイキャッチ登録する方法、誰か教えてください!)

Alfred

Alfred-sc
作業の母艦でもあるiMac 27”でも活用していますが、このAlfredを利用するだけで、随分マウスを握る機会が減りました。

MBPRにも当然ですがAlfredを常駐させ活用しようと思っています。使ったことない方はぜひ!コマンド+シフト+スペースで呼び出せば、アルフレッドが何でも言うこと聞いてくれるよ!

Alfred – AppStore

夜フクロウ

YoruFukurou
MacでTwitterを使うなら夜フクロウの一択なんじゃないかっていうくらい便利なTwitterクライアントアプリです。

リスト管理もできますし、気になるキーワード専用の検索タブをつけることもできます。カスタマイズ性も高いですし、これで無料とかちょっとこわいレベルです。まだ使ったことがない方がみえたらぜひお試しください。

YoruFukurou

まとめ

仕事やそれに伴う業務で使用頻度が特に高いアプリをリストアップしてみました。いやぁ、それにしても少ないですね、掲載アプリ数が。「俺、これで仕事回ってんのか?」ってくらい少ないですが、実際にはちょこちょこ使っているアプリなどもありますんで(iWork関連やカレンダーとか?w)これが全てではありません。

また、最近ではたくさん便利なWebサービスも開発されていて、デスクトップアプリではなく、サービスとして使用しているものも多くあります。そう考えると、アプリという括りで考えるよりも、アプリやサービスで便利なものを集めてもいいのかもしれませんね(今更w)。

MBPRを使いながら、また便利なアプリなどがあれば紹介していこうと思います。