今年の目標と抱負など

みなさま、明けましておめでとうございます。

無事に家族一同、信念を迎えることができましたことを大変喜んでおります。昔はそんなこと微塵も感じなかったのですが、年を重ねて結婚して子供もできると、これほどまでに考えが変わるのか?ということを自分が一番実感しているくらい考えが変わるお年頃に直面しております。

小さな子供二人と嫁様が、まずは健康に楽しく信念を迎えられたことが何よりでございます。(僕も無事に迎えられました)

今年の目標とか

今まで例年、目標とかを真剣に考えることもなく、しいてはアウトプットすることなど全くありませんでしたが、なぜか今年は新年の抱負をすでに昨年末から考えている自分がいました。年をとったことの証明でしょうか。または、大人の階段登った証でしょうか。

今までは例年、頭の中でぼんやりと考える程度で、お正月が終わる頃には忘れていたような目標や抱負ではありましたが、この意気込みからするとちょっと例年とは違うのかな?と自分でも感じます。ですので、せっかくだからブログに書いてしまおうと思った次第であります。

今年の目標〜その1〜:心の器を広く大きく保つ

僕のプライベートをご存知の方にはすでに知れ渡っていることかと思いますが、私、とても細かい面倒な性格なんであります。

予見できる限りのことは全て予測し尽くしてから行動したい、と考えているタイプでして、予測していた範疇、または予定から外れたイレギュラーな件に関してはとても嫌な顔をします。

しかし、昨年少ないながらもお仕事をさせていただきながらも、その中でコミュニケーションを取らせていただいた方からこんな言葉を聞きました。

「もっと予測不可能なことを楽しんだ方が良い」と。

なるほど、と思いました36歳です。

なんでも予定通りに進めたいのは確かだけど、そんなことは不可能なんだから、予定通りに進まないことを楽しんでいくってのは大事なんだよ、と教えられました。なるほど。

今まで仕事でも、仕様が決まっていない相談(で、仕様作成に関われないポジション)はとても苦手でした。見積もりを作るにしても作りにくいし、必ず見積もり通りにいかなくなる。そういうことがとても個人的にストレスフルで、内心「仕様が固まってからしか見積もりできないじゃん、どうしろっつーのさ」なんて思ってましたごめんなさい。

でも、どのようには全ていかないのかもしれません。それを求めるよりかは、「現状でお見積もりしておきますんで、仕様変わったら変わりますよー」くらいでちゃかちゃかやっておくべきなのかもしれないな、と。

どうしても頭の中には「見積額=請求額」でなければならないという固定観念が、頭の中に根強くありまして、仕様が変更になって工数も変わっているのに「見積もりの額と違うじゃん」と請求時に言われたりした過去の経験からどうしてもそういう頭になっていたのでしょう。

けれど、やったものはやった。だから、やった分の費用はいただく。それを徹底すればいいんですよね。そんなシンプルなことなのになかなかできていませんでした。

家の中でもそう。ちょっと予定通りにいかないことだったり、嫁様が自分と同じように先を見越して動いてくれないときなんかは、まぁ第×次世界大戦が起きるわけです。しかし、嫁様からしたら強制的に僕に原子爆弾落とされて終戦させられるんで、たまったもんじゃありません。

こういうことも総合的に考えて、心を広く保つということを今年の抱負にしました。

今年の目標〜その2〜:仕事に関係のない本をたくさん読む

昨年まで個人的にも技術書やマーケティング書籍なども含めて、比較的本を読んで勉強するということは、例年続けてきていました。しかし、今年は仕事に関係のない本をたくさん読むことを目標にしました。

理由としては、日々新しい技術や知識を得るために読書をしていましたが、次第にその技術や知識に追いかけられる感覚を持つようになりました。「この技術、使えてる?役に立ってる?」「この知識、いつ役に立つの?本当に必要なの?」などなど、頭の中では常にこんなことで大忙しでした。

仕事が順調でなかったのも大きな理由の一つではありますが、「もっと他にやることあるんじゃないの?」とか「もっと受注に直結することしなくていいの?」なんていう誰かの言葉が常に脳裏をよぎる感覚、わかりませんか?

そういうのがとてもストレスフルで、そんなんなら仕事に関係する本以外の本をもっとたくさん読もう。というのが、この抱負を選んだ背景でもあります。

ですので、今年は仕事に関係のない小説などもどんどん読んでいきたいし、逆に仕事に関する本を購入する際にはしっかりとストッパーをかけて、本当に必要かどうかを考えるようにします。

まとめ

ということで、大きく2つの目標を掲げました。

実現できるかどうかはわかりませんが、ただ掲げることも大切なアクションではあると思うので、無責任ながらにも掲げさせていただきました。

さーて、なんの本を読もうかな。