[O]フリーランスという言葉の由来

Title
最近、独立する準備を計画的に始めようと計画を立て始めましたOlein編集長(@Olein_jp)です。

最近はそこらじゅうで耳にする、フリーランスという言葉ですが、ちょっと気になっていたことがあります。それは、個人事業主って呼び名と何が違うかということと、その語源についてです。

フリーランスと個人事業主の違い

まずは、フリーランスとはどんな定義なのかをチェックしてみます。
※「フリーランス」=「フリーランサー」らしいです。国語辞典的には。

フリーランサー【freelancer】
自由契約者。一定の会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約するジャーナリストや俳優・歌手など。フリー。フリーランス。

大辞泉より

なるほど。想像通りでしたね。どこにも属さずに、仕事に応じて柔軟に動く……と。

では、個人事業主とはどんな定義なのか。

個人事業主
法人を設立せず個人で事業を営んでいる人。個人事業者。自営業者。自営業主。こじんじぎょうしゅ。

大辞泉より

ん〜。要するに会社を設立せずに自分で仕事をしている人ってことなのかな?

日本の税制上は、区別は個人か法人かだけです。なので、そういう部分での感覚でいえば、呼び名はどちらでも好きな方で良さそうですね。あまり大きな使い分けは無さそうです。

フリーランサーの語源

これはちょっと気になっていました。最近読んでいる本にもちょこちょこ出てきて、語源を確認してみたくなりました。

英語「freelance」の語源は、中世に遡る。中世は王や貴族は戦争の度に傭兵団と契約して戦争に臨んだ。その中で傭兵団を離れて戦場に臨む兵士達がいた。当時は槍騎兵 (lancer) が自分の従卒として歩兵や弓兵を連れている形態が多かったため、契約の際には槍の本数=1戦闘単位としてカウントされた。まだ敵勢力と契約を交わしていない (英: free) 戦闘単位 (英: lance) を指す言葉として「freelance」が用いられるようになった。当時は兵士を指していた「free lancer」が、近世以降組織を離れて働く状態を指す言葉に変化した。フリーランスのフリー(英: free)は、政治的立場が自由さを意味するものであって、値段が無料という意味ではない。

wikipediaより

ほ……。ほほぅ。

噛み砕いて説明してみると、中世の時代にどこにも属していない兵士たちのことをフリーランスって読んでたのね。どことも契約していない兵士っていう意味だったのね、大本は。なるほど。

オレのそのうち、どことも契約していない兵士になるのかもなぁ。あ、どこともお仕事できない兵士になっちゃったらどうしよう……