[O]独立前にやっておくべきこと〜源泉徴収について〜

Title
ぼちぼち書き進めています独立前にやっておくべきことシリーズですが、今回は源泉徴収について知っておこうと思います。今更思ったんですが、「やっておくべきこと」じゃなくて「知っておくべきこと」シリーズだよね…これ。

もとい、このシリーズの過去記事はこちらになります。

源泉徴収って何?

まずはここからですよね。この記事を書いている現在、僕自身があまり詳しく理解していませんから。

源泉徴収(げんせんちょうしゅう)とは給与・報酬などの支払者が、給与・報酬などを支払う際にそれから所得税などを差し引いて国などに納付する制度である。主に個人に対しての支払金額が対象となる(受領者が法人の場合は、馬主に対する競馬の賞金のみが対象)。

wikipediaより

ふーん。あっ。

読み砕いてみると、給与・報酬などの支払者っていうのは、お仕事をさせてもらったクライアントさんってことですね。そちらから報酬を振り込んでもらう際に、所得税などを差し引いた額を振り込まれるという仕組みらしい。

そして、その差し引かれた所得税とかは、クライアントさんの方(ここでいう給与・報酬などの支払者)で収めてくれるってことね。だから、申告する手間が省けるってことなのか?ん?

サラリーマンや公務員は年末調整、個人事業主は確定申告で調整

源泉徴収された所得税の調整は、サラリーマンや公務員の場合は年末調整、個人事業主などは確定申告によって調整してもらえるということらしいです。

なので、払いすぎたり貰いすぎたりしてないかチェックするための確定申告っていう解釈でいいんですよね?(誰に聞いてるw)