[O]数日間早起きしてみて一日の時間が長く感じたので今までと比較してみた

Asajikan title
今朝は少し寝坊しましOlein編集長(@Olein_jp)です、こんにちわ。

今週水曜日から早起き朝時間を楽しんでいます。数日間繰り返してきて振り返ってみると、一日の内容の濃さに対する実感が変わってきたように思います。

では、実際に起きている時間が増えた結果、そのような実感を得ているのでしょうか?以前までの生活サイクルと比較して考察してみます。

まずは単純に生活サイクルの比較

まずは簡単に書きだしてみて、早起き朝時間を始める以前と以後を比べてみましょう。

Life cycle

書きだしてみました。

Life cycle2

簡単に変化のあった部分だけを比較してみると、睡眠時間と自由時間との比較になります。

図を見ていただくとわかるように、睡眠時間が30分減った分、自由時間が30分増えたという結果になっています。なるほど。だから一日の内容が濃くなっていると感じたのでしょうか?

余分な睡眠時間をとっていた?

睡眠時間というのは人それぞれ、満足を得られる長さが違うと思います。一概には言えませんが(医学的見地ではない)、ボクの場合でいうと、睡眠時間を30分短くしてもそこまできつくなかったです。なので、一日を通して負担を感じない分、早起きにそんな苦い気分で挑まなくても済んでいるのかもしれません。

以前、早起き朝時間について書いた記事([O]Olein編集部の朝時間の過ごし方)でも紹介しましたが、こちらの言葉がやはり強く頭に残っています。

まだ仕事にも行っていないから身体も疲れていないし頭も冴えている。
その日一番の状態の自分の身体と脳を、会社や他人のために使ってしまうのはあまりにももったいない。

まさに納得ですよね。この非社会人的な物の考え方をしているOlein編集長(@Olein_jp)ですからね。自分のベストな状態をなんで人や会社のために使わないかんねん!

朝時間を無駄に過ごさないための工夫が課題

朝時間を数日間過ごしてみましたが、最初ということもありますが、頭の切り替えがまだまだ上手くできていない気がします。

コツとしては、寝る前の思考の整理整頓にあると感じています。早起きして、顔洗って、コーヒー作って、とやっている間に何をしようか考えることもできるとは思います。ですが、せっかくの早起きした作った朝時間です。少しでも時間を無駄にはしたくありません。

であれば、寝る前に来る朝時間に何をしたいのかを自分の中からアウトプットしておくべきです。

朝時間にやりたいことがクリアになっていれば何の心配もなく朝時間を迎えることができます。そのために使っているiPhoneアプリ「Clear(クリア)」です。

Clear App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥170

まとめ

こうやって考えなおしてみると、いろいろな発見があるものです。今回は、自分に不必要な睡眠時間を取っていたことが分かりました。そこを削ることによって自分の自由時間を増やすことに成功したわけです。

今後はこの朝時間をどのようにより良い時間にするかが課題になってくると思います。