[O]教書『必ブテ100』を読んで実行してみようと思うこと〜導入編1〜


3月なのにこの寒さっ!桜がビックリしてしまって開花してくれないんじゃないか?「花見に酒」を心配しているOlein編集長(@Olein_jp)です、こんばんわ。

一昨日から読み始めました我らの教書『必ず結果が出るブログ運営テクニック100』をひと通り読み終えました。

「勉強になる」という一言だけでは済ませられないような収穫があったように感じています。でも、そこで感じてる(そういう意味じゃなくて)だけではだめです。気持ちいいだけです。

何かしらアクションが必要ですよね。アウトプットあってのインプットですしね。何のためにインプットしてるんだ?って自分に問うと「自分の知識の幅を拡げるため」で終わるのではなく(それが悪いとは全然思いませんが)、ボクはそのインプットを共有するためにアウトプットしていこうと思います。

とにかく何ぞかんぞ書いてみる

楽しまなきゃ意味がない。人生も仕事もブログも!

しかし、仕事やプライベートが忙しかったりしたら、楽をするにはもってこいな理由がどれだけでも探せてしまうわけですよね。今まで、何事においても継続を止めるときには、大義名分な言い訳を並べてのうのうと諦めてきたボクは、そんな感じで流れてきました。

今回もそうなるかもしれません。でも、ならないかもしれません!

とりあえず、ボクは楽しんでブログを書くだけです!

1日1記事を目標に始めたいと思います。

ネタを探すという姿勢でRSSを見る

今までは、自分一人のアンテナが反応する記事だけを読んでいました。これからは「自分のアンテナ」+「(ちょこっと)みなさんのアンテナ」で情報収集をしてみたいと思います。

ただし、間違えたくないことがひとつ。
それは、『他の人のためだけ(要は人にウケるためだけ)に記事を書かない』ということ。

確かにアクセスアップを図る意味で、はてブを意識した内容や話題になりそうなタイトルの付け方(釣りっぽい)など、それもスキルかと思います。でも、ボクはそれは続けれないな、と感じました。

はっちゃけまくって、悪乗りして書いた記事も過去にはありました。
が、それを継続できない自分を自分でも感じていました。

だから、まずは「自分の興味のあること」をメインにしっかりと置いてネタを探していきたいと思います。

「書く」ことを「ストレス」に感じない工夫

情報収集(ネタ集め)の方法にも言えると思いますが、それよりも「書く」行為に時間がかかることが多いように自分では感じています。

でも、あまりに「書く」作業に手間や時間が掛かり過ぎると、その「書く」行為自体が自分の中で「辛い」行為になってしまいがちです。

なので、情報収集書く行為も、なるべく無駄を省いてスムーズにできるよう流れを作るべきでしょう。

ですので、Olein編集部の仕組みも状況に応じて変えていかなきゃいけないかもしれません。

あと、現在、こちらのアプリを導入検討です。

MarsEdit 3 – Desktop blog editing for the Mac.
MarsEdit 3 Desktop blog editing for the Mac. The best way to write, preview, and publish your blog. …

昨日の記事(参照:[O]『必ず結果が出るブログ運営テクニック100』を読んで@Olein_jpがまずやろうと決めたこと)でも取り上げましたが、近日こちらのアプリの体験版を導入してみようと思います。30日トライアルができるようなのでしっかり吟味して導入するかしないかを考えれると思います。

このような「書くことのスムーズ化」は今後も惜しみなく進めていき、トライしてみたいと思います。

今日は、そんなこんなで、今後続けていくぞ!という決意表明の記事となりました。
アディオス!チャオ!