[O][iPhoneアプリ開発]もうワンステップ進みたかったのでアプリ開発に関する本を買ってみた

Title 1
毎日、少しでもObjective-Cの勉強は進めています、Olein編集長(@Olein_jp)です。

以前、こちらで紹介した本を読み進めて学習を進めてきましたが、本の終わりが見えてきたのと、もう一つステップを踏んでみたいと思い、新しく書籍を購入しました!

本当にオススメしたいObjective-C入門書

まぁ、本は人それぞれ合う合わないがあるので、一概に万人にオススメとはいえませんが、僕はこちらの本でかなり理解が深まりました。

改めてしっかりとレビューを書きたいと思います。

まずはObjectibe-Cのより深い部分に突入するために

上で紹介した本で、Objective-Cへ本格的に入門したのですが、勉強していくうちに一つ一つのクラスやメソッドをもっと深く詳しく知りたい!と思うことが多くなって来ました。

Webを利用して検索することも可能なのですが、基本アナログ大好きなボクとしては、辞書的に机の上で本を広げて調べたい!と思ってしまいます。(勉強している雰囲気もでるやん?)

ということで、こちらの書籍を購入しました。

以前から書店で見ては悩み、見ては悩みを繰り返しながら購入を渋っていました。あと、書店にこの様な大きな本っていうのは1冊くらいしか置いてないところが多く、表紙が曲がってたりしてるのを見て、どうせ買うなら新しいのが欲しい、というところもあって、サクッとアマゾンで購入してやりました。

StoryboardなしでUIを組んでみたい

Storyboardは導入にはとても便利な機能だと思いますが、せっかくObjective-Cを勉強したんだから、そこからの延長でプログラムでUIを組んでみたい!と思い、ちょっと古いみたいですが、こちらの本も併せて購入しちゃいました。

ネットなどでの評判は上々ですが、周りの読んだ!とか使ってる!とかいう方が居ないので、あまりご意見を貰うことはできませんでしたが、書店で流し読みしてみても楽しそうだったので、こちらもサクッと購入してしまいました。

いやぁ、ただただプログラムでUI組めたらカッコよくね?ってだけですけどね。

そろそろ目標を立てようと思う

そろそろアプリのリリースも念頭に入れて、何かしらリリースするまでの計画を考えてみようかなと思っています。時間はかかるかもしれませんが、徐々にでも進めていきたいですね。そして、思い通りのアプリが作れるようになりたい!