[O]簡単にMacに対応しているメモリを調べる方法

Memory easy findeing

映像系のソフトを使うときや、画像処理系のソフトなどをいくつか並行して使う場合に、動作や処理が遅く感じることがよくあります。(俗にいう「重い」という状態)

そういう場合はメモリの増設で解決することができる場合があります。

僕の場合は、Adobe Creative Cloudに加入するにあたり、いろいろと使ってみたいソフトが目白押しなので、これを機会にメモリを増設してみることにしました。

Macの型番や機種番号から検索をかけてメモリの種類を調べても可能なのですが、簡単な方法がありましたのでシェアしておきます。

「このMacについて」をチェックする

画面の左上のリンゴマークから「このMacについて」を選びます。

このMacについて

すると、このような情報を見ることができます。

バージョンなどなど

そして、「詳しい情報」というボタンをクリックします。

最初は下のように「概要」が選択されて情報が表示されていると思います。ここで、モデルの番号などを確認しておきます。この場合だと「27-inch, Mid 2011」がモデル名になります。

このMacの概要

そして、「概要」ではなく「メモリ」を選択してみます。

このMacのメモリ

すると現在のMacのメモリスロットの状況をみることができます。

そして、この右下の「メモリのアップグレードの手順」をクリックしてみます。

アップルのサイトーメモリ

すると、アップル公式サイトがブラウザで表示されます。こちらに掲載されているモデルの中から自分のMacのモデルを選択しましょう。僕の場合だと、先ほど確認しておいたiMac (27-inch, Mid 2011)になります。

Mac-メモリ交換

この赤枠の部分を覚えておきましょう。因みに今回は1333 MHz DDR3 SDRAMをコピーしてAmazonで検索してみます。

Amazonで探してみる

ではAmazonで先ほどコピーしておいた「1333 MHz DDR3 SDRAM」で検索してみましょう。


Amazonで検索してみた結果

検索結果はこちらになります。

あとは、先ほどメモしておいた2つのワードと機種番号などから適したメモリを探すだけです。因みに僕が購入したのはこちらのメモリになります。(まだ届いてないから使用感や設置などは後ほど)

まとめ

こんな感じで簡単にメモリの種類や自分のMacのモデル確認などを行うことができます。

メモリ交換される際には是非、この機能を使ってみて下さい。

(必ず自分のMacに合ったメモリを選んでくださいね。この方法でやったけど違った!とかのクレームはお受け致しかねますのでご了承ください)