新品回帰!Bose AE2 audio headphonesのイヤーパッドの交換方法

ご無沙汰しております。Olein編集長(@Olein_jp)です。

もう遠い昔のお話になってしまうのですが、新婚旅行に行く前にBose AE2 audio headphonesを購入しました。それ以前からBoseのヘッドフォンは利用していて素晴らしさは体験済みでしたし、何にしろ飛行機機内での騒音から解放されるためにも耳栓代わりによく利用していました。

しかし、長い間使っているとどうしてもイアーパッド(ヘッドフォンの耳当ての部分)がへたってきたり、割れてきたり、裂けてきたりしてしまうんですよね。これは経年劣化というか、使い続けていくと必ず行き着く宿命のようなものかと思います。

bose_AE2_02 bose_AE2_03

新しいヘッドフォンの購入も考えましたが、やはり欲が出てこんなものが欲しくなってしまうのです。値段をみたら買えないんですけどね。

これはさすがに買えないので、イヤーパッドを交換してみることにしました。

購入はAmazonもしくはBose公式がおすすめ

まず、交換用のイヤーパッドを探しました。Amazonでも取り扱っていますね。

対応商品とかも掲載されているのでトライしてみることもできますが、僕はBose公式ストアで購入しました。AE2に対応しているという商品でも良いのかもしれないのですが、ちょっと心配なところもありますし、せっかくお金をかけて修理するのであれば公式のものを使ってちゃんと直したいなという、ヘッドフォンに対する愛着もありますので、公式ストアを利用しました。

参照:Bose公式ストア

では、届き次第早速交換してみましょう。

イヤーパッドを交換する方法

bose_AE2_05

Bose公式ストアから購入したイヤーパッドはこんな感じの商品パッケージでした。

bose_AE2_06

開けてみると、イヤーパッド以外にメッシュのような何かも付いていましたね。これを見て、イヤーパッドとメッシュ部分が別々なんだなと知りました。

bose_AE2_07

説明書も一応付いています。が、オールイングリッシュですので読む気が失せてしまいます。しかし、イラストだけ見てもなんとなく方法は想像できます。

早速、交換していきましょう。まずは今、装着されているパットをパッと外します…。

bose_AE2_08

端っこを引っ張るようにクイっとやると、

bose_AE2_09

パカッと外れます。思っていた以上にあっけなく外れます。

bose_AE2_10

イヤーパット部分を外すと、中にメッシュ部分を発見できます。こんな感じに分かれているんですね。メッシュもはがしてしまいます。

bose_AE2_11

これでスッキリとしましたね。どうしても長い間使っているので汚れや埃も付いていると思いますので、軽くきれいにしてあげましょう。

bose_AE2_12

新しいメッシュ部分の両面テープをはがして、

bose_AE2_13

形に合わせて貼り付けてあげましょう。とても簡単ですね。

bose_AE2_16

ここから新しいイヤーパッドを装着していくのですが、装着する際のポイントとして、上の画像の丸が付いている箇所の爪からはめることをおすすめします。上下の爪にまずセットしておいて、その後まわりの爪にはめていきます。

bose_AE2_14 bose_AE2_15

あとはぽちぽちとはめていくだけです。(そんなにタイトな感じではないのでポチポチ音もなりません)

完成

完成としてはこんな感じ。

bose_AE2_17

つけてみたら「新品の時、こんな着け心地だったなー」と思い出すくらい違いは明白です。ぜひ、傷んできたら新しいものを購入するのも良いのですが、自分で修理してみるのも良いかもしれませんよ。

でも、ぼくはこれが欲しい。