Audibleの解約方法と僕が使いこなせなかった理由など

こんにちわ。Olein編集長(@Olein_jp)です。

以前からずっと悩み続けていたAudibleというオーディオリーディングブックサービスですが、満を持して導入することにしてみました。僕は以前からAmazonプライム会員で利用させて頂いてるので、Audibleの無料利用が3ヶ月できるということだったので、まずはそちらを利用してみることにしたのですが…。

全然耳から入ってこない

僕の頭の中での理想は、仕事などで作業をしながらAudibleで気になった書籍などを垂れ流しにしておいて、耳に流し込むということを考えていました。

何せ元気な長男と生まれたての次男がいる家庭ですので、平々凡々と本を開いて落ち着いて読むという時間が仕事時間以外に取れないという弱点を抱えていました。ですが、仕事時間は仕事時間で優先するべき作業がどんどん前のめりになってやってくるわけです。これは困った、ということで満を持してAudibleを導入してみたのです。

しかし、全然耳から物語が入ってこないのです。

そもそも、作業している最中にはヘッドフォンをしてBGMをかけていることもあるのですが、基本的にヘッドフォンをしているだけという状態が多いです。ですので、作業しているときに何かを聞いているということにそもそも慣れていなかったのかもしれません。また、そこから何かを得よう(物語の内容を読み取ろう)なんてちょっと贅沢な要望だったのかもしれません。

結局、流してみるも耳に集中するのか、手元に集中するのかどちらかを選ばなくてはならないという究極の選択を迫られる結果となり、解約へと進むのでした。

「とりあえず自動で課金されるのもあれだから、忘れる前に解約しておくかなー」と思い、Amazonページをウロウロしてても案の定全然わかんないのでAudibleの解約方法を調べてみました!

まずはAudible.co.jpにアクセス

検索をかけると、このような情報があるのでこちらを参考にしてみます。

Audible_remove01

まずはAudible.co.jpにアクセスして、ログインしていない場合は右上からログインしておきましょう。

Audible_remove02

(僕はログインしまして…

Audible_remove03

ログインしたらアカウントサービスにアクセス

ログインしたらページ上部右側のアカウントサービスをクリックしましょう。

Audible_remove04

すると、アカウント情報情報配信サービスなどの項目が見られるページに移動します。

このページでアカウント情報→退会するを選びます。

Audible_remove05

そして、退会理由をどれか選びます。選ぶとオレンジ色のボタンがアクティブになるのでクリックしましょう。

Audible_remove06

会員タイプで状態を確認

すると、アカウントサービスのページに戻り、上部にアラートで会員資格の失効日が表示されていると思います。

Audible_remove07

下のアカウント情報部分にも会員タイプの期限がおそらく無料体験期間(3ヶ月)の終了日に設定されています。それまでは退会処理を行っても利用することが可能です。

まとめ

ほかにもいろんなリーディングブックサービスがありますが、ちょっと当面は導入を見合わせてもいいかなと思っています。サービスが悪いのではなく、僕自身が対応できないというか使えてないというのが問題点ですので、その点が改善されるまでは同様のものは見送ることになるでしょう。

やはり本を読むというのは「読む」というだけあって、活字を目で追わないと入ってこないアナンログ人間だということがよくわかりました。ちゃんと読む時間を取れるように調整しないといけませんな。

ってことで、これがほしいです。(iPadで使ってるけど重くなってん…)