10月限定!「栗粉餅」というお菓子を食べてみたら驚きの食感だった!

甘いものが大好きそうな体をしてますOlein編集長です。こんにちわ。

僕はずっと岐阜市を拠点にして生活しているのですが、長く住んでいるからといっても知らないことってたくさんあるんですね。最近、新しくお店を発見して「ここってかなり昔からあるよね…」と気づかされることがとても多いです。

今回もその件の一つなのですが、JR岐阜駅に足を運ぶことがある方であればぜひ気にしてみてください。

「栗粉餅」っていうお菓子があることを知らなかった

みなさん、「栗粉餅」ってご存知でしたか?「くりこもち」って読むらしいんですけど、僕は全然聞いたこともありませんでした。嫁様が職場で得てきた情報をもとに初めて存在を知ることになりました。

参照:Google画像検索で「栗粉餅」を検索した結果

実際には、買ってきて包装を破って実物を見るまでどんなものか全く知りませんでした。

JR岐阜駅南側「香梅」で買ってきた!

ここもほんと最近知った和菓子屋さんです。

参照:http://gifu-koubai.com/

kurikomochi-06

トヨタレンタリースのすぐ横なのでわかりやすいですが、存在を知らない人はちょっとわかりにくいくらいには店構えが大きくありませんのでご注意ください。定休日は随時上記ホームページに掲載されますので注意が必要です。(一度思い立って向かったのですが着いたら開いてませんでした…)

kurikomochi-01

こんな感じの包装です。濃いめのお茶を用意していただきたい。

ふんわり食感に驚きを隠せなかった

ためらいもなく箱を開けてみました。細かい栗きんとんがワッシャーとまとわりついている感じですね。はい。

kurikomochi-02

見ていても食感なんてわかりません。

kurikomochi-03

寄って見たところで食感がわかるわけありません。でも、どんな感じで栗きんとんの粉がまとわりついているのかは、見てわかると思います。

そして、割ってみます。

kurikomochi-04

なんと、餅がこれだけしか入っていません。ほぼ栗きんとんです。とんでもなく豪華です。

食べてみましたが、ほんとフワッフワでした。でも、噛むと口の中が栗きんとんで満たされるわけです。一口でお口の中が充実すること間違いありません。僕は3つ食べました。

まとめ

今回ご紹介した香梅ではそのほかにもいろいろなお菓子が用意されていて見ているだけでとても楽しくなります。(隣のサカエパンにも寄りたくなるけど)

どんな条件なのかわかんないのですが、お菓子を買うと「鮎太郎」という鮎菓子を1つプレゼントしてくれました。以前、お菓子を買ったときにもくれたので1,000円以上買うとくれるのかな?わかりませんが気になるかたはお確かめください!w

もっと知らないお店をどんどんと開拓していきたいものですなー!